介護保険について知る

介護保険制度の基本

介護保険制度の基本を知る

介護というと、老後をイメージする方も多いでしょう。しかし、若くても介護が必要になる可能性はあります。また、近い将来、祖父母や両親が利用するようになるかもしれません。40歳からは、介護保険料(税)の支払いも開始になります。まずは、基本的なことを知っておきましょう。介護保険法は、平成9年12月に成立し、急速な高齢化で寝たきりや認知症の高齢者の方々の介護の問題が社会的に大きな課題となり、国として介護を社会全体で支えるために、平成12年4月から制度がスタートしました。運営は区市町村主体で行っています。

制度の内情と目的とは?

現状、介護する人は要介護者と同居している家族が中心となっていますが、いつまでということもわからず体の大きい大人を介護する為、子育てより大変といわれています。介護保険は、介護する人のストレスやな悩みを緩和するとともに、介護される人も希望するサービスを選択して、できる限り自立した日常生活を送れるようにすることを目指しています。公的なものでは、40歳位上の人が加入者になって支払い、介護がいつ用になった時にサービスを利用できます。また、加入者は、年齢によってわかれています。65歳以上の人は第1号被保険者となります。

新着情報

2015-06-06 保険の相談は必要ですが追加されました。
2013-01-10 介護保険の利用手順が追加されました。
2013-01-10 介護保険の必要性が追加されました。
2013-01-10 介護保険の変化とはが追加されました。
2013-01-10 が追加されました。

介護保険制度の情報

Copyright 介護保険について知る All rights reserved.